製造・品質

私たちは「新型コロナ対策で不足する消毒液。それに代わるものを少しでも安くお届けしたい。」この思いで製造をはじめました。

精製方法

水に塩化ナトリウムを加え、電気分解することで次亜塩素酸を含む強酸性次亜塩素酸水を精製しています。


検品

出荷毎に検査

精製した強酸性電解水は pH 2.6 、有効塩素濃度は50~60ppmになっているかを全て検査しています。

pH測定器と有効塩素濃度測定用試験紙により出荷毎にチェックし品質を確認してから出荷しています。

精製は注文いただいてから行い、ペットボトル容器に封入して出荷しています。

強酸性次亜塩素酸水はとても不安定な状態であるため、直射日光を避けた冷暗な場所に保管し、開封したら小分けにしてなるべく早く使い切るようにしてください。