次亜塩素酸水生成器

イオンガーデンVH 

厚生労働省が定める「次亜塩素酸水」がいつでも簡単に作れる

必要な時いつでも「次亜塩素酸水」。常時、浄水・アルカリ水。

イオンガーデンVHなら、ウイルスを数十秒で不活化する「次亜塩素酸水」を水道水に塩化ナトリウム(食塩)を添加し、電気分解してイオン化することで、いつでも簡単に必要な量を作ることができます。

一般的な水道の蛇口であれば、簡単に取り付けも可能。通常時はアルカリイオン水(水素水)として免疫力を維持する飲料水として使用し、消毒液が必要になった場合は次亜塩素酸水を精製する「衛生水」モードに切り替えて好きなだけ手指消毒に利用可能な消毒液を生成できます。

※電気分解により本機で生成できる「次亜塩素酸水」は大学や研究機関でCOVID-19をはじめ、多くのウイルスを不活にする効果が証明された成分と同等なもか、より高濃度な次亜塩素酸水の生成が可能です。

次亜塩素酸水生成機カタログ

手荒れ無し。からだにやさしく、肌がいきいき!

アルコール消毒液などは、消毒効果は高いものの同時に手指の水分まで蒸発させ、手が乾燥し、ひび割れの原因となっています。冬になれば、さらに乾燥が進み、気温が下がると免疫力も下がるなか、より肌への影響が懸念されます。

 水道水に塩化ナトリウム(NaCl)を添加して電気分解することで水を強酸性と強アルカリ性に分解する事でイオン化された水が塩素分子と結びついて「次亜塩素酸水(HClO)」を生成します。

 生成された次亜塩素酸水溶液は、殆どのウイルスと結びつきその活動を不活化させます。新型コロナウイルス感染症に対しての効果は北海道大学と帯広畜産大学の研究により証明され、アルコール消毒液よりも人にやさしく、こまめに使える消毒液として注目をあつめています。

>>帯広畜産大学による報道資料(PDF)

多くの医療機関が採用している

歯科医などでは、人の口の中に入る治療器具を消毒する際には次亜塩素酸水を利用しています。これは厚生労働省が食品添加物としても認めているほど安全で、かつあらゆるウイルスに効果があるからです。

医療機関の間でも広く使われていて、内視鏡の洗浄や体に直接触れるようなものの洗浄としても利用されています。

そのため、本器「イオンガーデンVH」も厚生労働省により医療機器としての認定を受けています。

>>厚生労働省ー平成14年の官報に記載された次亜塩素酸水と食品添加物指定資料(PDF)

もう消毒液不足に悩まされない!

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により、消毒液が品薄になったり、高騰しています。また今後の感染拡大状況によっては

ウイルスとの闘いは長期戦になります。COVID-19だけでなく、インフルエンザやノロウイルスなど注意しなければならないウイルスは他にも沢山あります。次亜塩素酸水はこれら他のウイルスも不活化します。(※詳細は日本電解水協会の抗ウイルス活性情報のページをご覧ください。)

>>日本電解水協会による新型コロナウイルスに対する電解水の有効性評価試験結果


実際の次亜塩素酸水の生成の方法はこちらから!

小規模事業者持続化補助金 事業再開枠を活用しよう!

現在、新型コロナウイルス感染症対策については政府から中小企業や個人事業主を対象にした様々な助成金が出されています。

これらを活用してこの難局を乗り越えるために、私たちは中小企業をしっかりとサポートするため、補助金活用や書類作成について専門スタッフによるアドバイスなども行っています。

★小規模事業者持続化補助金を取得された方へ

本製品は医療機器認定を受けた機会です。厚生労働省が指定する規格の次亜塩素酸水を生成できるため、新型コロナウイルス感染症に対抗するために非常に効果的な消毒液の代替品となるものとして活用できます。

今回、事業再開枠として、顧客や従業員の安全を守りながら事業を継続していくためにも、自社で消毒液の代替品となる「次亜塩素酸水」をいつでも必要な量生成できるというのはとても重要です。

本補助金での活用についてもお気軽にお問合せください!

お問合せ

株式会社イーエス

TEL : 04-2952-0927

(平日 9:00 ~18:00)

Email : es@sayamail.com
〒350-1335 埼玉県狭山市柏原2787 2F