イオンガーデンVH サポート

次亜塩素酸水の生成手順

次亜塩素酸水は以前から食品工場や医療現場などで使用されており、安全性の高い除菌水です。コロナウイルス対策として、アルコール消毒液の代用品としても注目されています。

そんな次亜塩素酸水が、家庭用電解水素水生成器(浄水器)で簡単に作れます。今回は家庭用電解水素水生成器を使った次亜塩素酸水の作り方をご紹介します。


▼生成できる次亜塩素酸水(実測)

有効塩素濃度:20ppm ~ 100ppm (流量を変化させることにより濃度の調整が可能)

pH 2.7 ~ 3.5


▼用意するもの

・食塩カートリッジ(生成器に付属)

・食塩

・空き容器(ペットボトルなど)

・じょうご


漂白剤を使用した手作りの除菌水は配合によっては危険なものとなる恐れもあります。

この浄水器で作る次亜塩素酸水は漂白剤は使わず、食塩のみを使用するため安全です。

また、次亜塩素酸水は短時間で殺菌できる反面、保管状態によっては効果が落ちてしまうので、家庭でいつでも簡単に作れるのはとても便利です。

次亜塩素酸水の生成には以下の動画の手順によって生成してください。